町田で家族葬を行うときは香典をもらわない

   

葬儀にはいくつか種類があります。その中でも最近よく選ばれることが多いのが、家族葬です。町田でもこの形式の葬儀を執り行うこと遺族が増えており、斎場でも葬儀を執り行うことが出来るようになったところも多いということです。
葬儀の形式によって、それぞれ流れがあるので一度確認しておくといいでしょう。遺族とごく親しい人だけで故人を見送ることになるので、堅苦しいことはないといえます。また、この形式は遺族以外の方に参列してもらうときは、どこまで参列してもらうのかを迷う喪主の方も多いです。葬儀にはたくさんの参列者がいることが当たり前でしたが、自分たちで制限することが出来るということは、その選択にも責任があることになるので、そこは家族でしっかりと話し合って、あらかじめそのことについて参列を遠慮していただく方たちにも伝えておきましょう。

葬儀の流れを理解しておくことが大切

家族葬は、一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。流れは故人が亡くなった病院などからご遺体を搬送し、自宅や希望の安置場所に安置してもらいます。葬儀の日程などの打ち合わせをして、愛用品の準備や旅支度を行い納棺を行います。読経と焼香をして、供養の食事をし、葬儀・告別式などを行い、出棺・火葬という順になるということです。町田でもそれ以外の地域でも、この流れは同じだといいます。
この形式の流れをあらかじめ理解しておくことで、スムーズに葬儀を執り行うことが出来ますし、参列してくれた方たちにもきちんと挨拶、お礼をすることが出来ます。食事などのタイミングも考えて、斎場のスタッフの方とも打ち合わせをしておくことで、精進落としを温かいうちに食べてもらったり、少し落ち着いてもらうことも出来るのです。

費用は自腹で支払うことになると覚えておく

家族葬の費用はほとんど自費になることを覚えておきましょう。香典をもらわないという場合が多いので、葬儀の費用は香典があてになることはあまりありません。ほとんどの費用が自費になることを考えてこの形式を選ぶ必要があります。あらかじめ葬儀の費用で必要なものを計算し、打ち合わせのときに確認しておくといいです。参列してもらう人数は喪主や遺族が決めることが出来ますが、その人数によっては葬儀の費用が大きく膨らんでしまうことがあります。香典をもらわないということも考えて計算することが大切です。参列してもらいたいと思っている人はたくさんいても、遺族とごく親しい人だけで見送りたいというときにはきちんと伝えて、参列を遠慮してもらうようにしましょう。その後に、きちんと感謝の気持ちを伝えるようにするといいです。