家族葬も執り行うことが出来る町田

   

葬儀を執り行うときは、ご遺族の希望にそった形式を選んで行うことが大切です。葬儀の形式はいくつかありますが、その中から選ぶことが出来ます。町田でもその形式の中から選択することが出来るのですが、その中で最近人気が高いのは家族葬です。地域によっては、この形式を専門で行っている斎場などもあるといいます。町田にも葬儀会場などがあるので、もし故人が生前に希望している場合は、その斎場で行うのもいいかもしれません。家族とごく親しい人だけで見送ることが出来るので、最近はこの葬儀が人気があり、小さな斎場を貸しきって執り行うことが出来る場合もあります。ゆっくりと故人を見送りたいというときには、とても良い葬儀だといえるでしょう。ほかの形式とは違うところも知って選択することが大切です。

生前に故人が希望している場合もある

家族葬とは、ご遺族と故人と親しい人のみが参列し、故人を見送るという形式です。この葬儀の形式なら、参列者に気を使って遺族がゆっくりと見送ることが出来ないということも避けることが出来ます。また、最近では故人が生前にこの形式を希望しているという場合もあり、遺族が故人の希望をかなえる形で執り行うことも増えているということです。この葬儀を選択することが多いのは都市部に多く、ご遺体を安置することが出来る場所がなかったり、近所づきあいがあまりないという場合にも選ばれることがあるといいます。遺族が参列してくれた方へのおもてなしで忙しく、故人の思い出話をすることも出来ないという意見からこの形式を選ぶ方もいますし、いろいろな理由で遺族だけで執り行うことを決める人がいるということです。

一般葬の縮小版と考えるとわかりやすい

家族葬は一般葬の縮小版と考えるとわかりやすいです。遺族だけで故人を見送り、ゆっくりと思い出を話したり、静かに悲しむ時間を持つことが出来るということで選ばれています。
この形式の流れは、まず故人が亡くなった病院からご遺体を搬送します。自宅や希望の安置場所へ遺体を安置したら、葬儀の日程や内容の打合せを行い、同時に愛用品の準備や旅支度を行って納棺して読経や焼香などを行っていくということです。供養ための食事をしたら、読経と焼香などを行って、出棺し、火葬場へ搬送します。このとき、仏滅や友引だとよくないということで翌日に執り行う場合もあるので、亡くなってすぐにご遺体を火葬するということはしません。献花によるお別れの後、火葬場で荼毘にふします。この形式は町田以外でも執り行うことが出来ますが、事前に確認しておくといいです。

ご相談・お見積りも24時間・365日承ります。出張でのご相談も随時受付中です。 自社式場のご利用が無料。ご安置室の利用も無料ですので、葬儀費用を大幅に抑えることができます。 ご相談・お見積無料。東京・神奈川全域を24時間対応。 東京・神奈川全域で、安心費用でのご葬儀を承ります。事前に総額のお見積りをご提出しますので安心です。 町田で家族葬をお考えの方は平安メモリアル